出会い系サイトでの失敗談

ddaaa
トライアンドエラーを繰り返して成功への道を歩んでいく。
私たちの人生というのは一見すると効率が悪いように見えることを繰り返しながらも、一つのゴールを目指してがんばっているように思えてなりません。
すなわち、人生に失敗はつきものと言うことです。

こんな過ちもう二度としない!

人間は様々な失敗からいろいろなことを学んでいきます。
「どうしてあのときあんな事をしてしまったのだろう」と失敗した後になってようやく気づくシステムになっているわけですから、むしろたくさんの失敗を若いときに早く経験しておけば後々の人生に役立ちそうですね。
二度と同じ失敗をしないという固い意志を持ってすればあなたの失敗だって十分役に立つのです。

他山の石だって役に立つ

とはいえなるべくならば自分で失敗をしたくはありません。
ひやひやする思いとか顔面が真っ青になるようなことなどあまり繰り返すのは精神衛生上好ましくないものです。
そこでオススメしたいのは「他山の石から学ぶ」、要するに他人の失敗を自分の失敗ととらえてそこから教訓を学んでいくことです。

出会い系サイトでの失敗談

今回は出会い系サイトでの失敗談を様々集めてみました。
「出会い系サイトなんて元々で会うことが出来ないわけだからこんな事を学んだって無駄だ」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。
しかしそれは本当でしょうか?
出会い系サイトで出会ったからこそ、様々な失敗をしたという話があるわけですから出会い系で出会うことが出来ないというのは論理の整合性に欠けます。

何を学べばよいのか

出会い系サイトの失敗談から私たちは何を学べばよいのでしょうか。
それは「せっかくの出会いを無駄にしない」ということです。
私たちは無料で出会い系サイトを使えるわけではありませんからたくさんのお金を使い、時間だって使っています。
それだけのことをしたにもかかわらず、出会いが何の実も結ばなかったではあまりにもむなしい現実しか待ち受けていません。
そうしたむなしさを出会い系サイトから取り除き、あなたの人生を豊かにすることを失敗談から学んでいけばよいのです。

あれやこれや考察してみよう

失敗談はただ聞いただけでは茶飲み話くらいにしかなりません。
しかし、一つの話をたくさんの角度から考察してみると「こんな原因があったのか」という気づきにつながることでしょう。
考察を重ねていくことにより失敗しそうな場面に出くわしても対処法が思いつく能力を身につけられますよ。

失敗談まとめ

第1話「ああなんてことだ、俺のあれがなくなるだなんて」

aerrarea
美しい女性とすてきな時間を過ごすことが出来たらと思うのはどの男性も同じ事でしょう。
「はあ、あんな綺麗な人と付き合うことが出来たら」と思いながら出勤される方も多いのではないでしょうか。

出会い系で出会ってみたら

もしかしたら通勤中にあなたが出会う美女よりも遙かに美しい女性が出会い系サイトにいるかも知れません。
実際、サイトに登録している写真を見ていると「何かモデルさんでもやっているのでは無いだろうか」と思うくらい美しい女性がいると言うことは往々にしてあることです。
とはいえ彼女らには本当に何の裏もなく会うことが出来るのでしょうか。

あれれ?ちょっと待ってよ?

今回の失敗談はそんな美女と出合った人の話です。
その人は、女性と出会い系サイトで出会いました。
もちろんとんとんと話が進み、今度の週末の夜にでも会ってみようということになりおしゃれをして出かけたのです。
どんな人が来るかと思っていたら本当に写真通りの人が来て「今回は言い女性をつり上げることが出来たぞ」と思いながら、二人でホテルへ向かいました。
エッチをする前ですから、シャワーを浴びなくてはと思い二人で浴びようとしたら「脱ぐから中で待ってて」と言われてしまいました。
もちろん色っぽい声ででしたから、その人も興奮して舞い上がってしまいほいほいとシャワーを浴び始めたのです。
それから数分後、なかなかシャワー室に入ってこない彼女を心配したその人はシャワー室から出たところ「財布が盗まれていた」のです。

今でも存在する

こうした手口でお金を盗み取るという犯罪は今でも存在します。
もちろん出会い系サイトに登録している人が必ずそういうことをするのかと言ったら決してそんなことはありません。
しかし自分でちゃんと対策をとっておかなければ大変なことになるのも又しかりです。

貴重品は身につける

一番手っ取り早い対策は貴重品を身につけておくことです。
このような手口の犯罪をする連中からはなかなか逃れられませんから最低限貴重品は身につけておきましょう。
又怪しげな指示が出されたら、逃げ出しましょう。
性欲を満たすことなんかよりも自分の命を守ることを最優先してください。

人生にリスクはつきものだ

怖い思いをしたくないから出会い系サイトを使うのはやめようと思われる方もいらっしゃるかも知れません。
しかし人生にはリスクがつきものです。
こうした女性に出会ってしまったら必ず警察に通報しましょう。
何の心配もありません。
出会い系を使うことは犯罪ではないのですから。

第2話「こんな料金の払い方では出会いの機会を失ってしまう!」

2wa
お金を節約して少しでも他のことに回そうと思うことはよくあります。
でも結局ちょっとお金を足せばよかったなと後々後悔するものです。
自分の求めているものが何かと言うことを考えたときに、それなりの対価を支払わなければならないのであるならばやはりそれくらいが妥当と言うことを知るべきです。

もっとお金を払えばよかった

お金にまつわる出会い系の失敗談としてご紹介したいのは、「ポイント」のお話です。
出会い系サイトを利用するときには必ずポイントを購入する必要があります。
もちろんたくさんお金をつぎ込めばつぎ込むほどたくさんのポイントが自分の口座に貯まりますし、大手の出会い系サイトであれば倒産するというリスクもそれほど気にする必要は有りません。
問題なのは「節約しながら出会い系サイトを利用するとき」です。

話の腰を折る

出会い系サイトを使っているとついつい話が盛り上がってメールの送受信回数が増加していく傾向にあります。
途中で連絡先を交換すればよいのですが、なかなか相手が教えてくれないとなればポイントをどんどん消費していくことになりますね。
ポイントは有料ですからなるべく最小限で購入しているという方も多いかと思います。
ところが話をしている最中に「ポイントがありません」となって出会いの機会をなくしてしまうと言うことがあるのです。

本当にポイントの買い方はそれでいいの?

せっかく話が盛り上がっていてポイントを購入しなかったがために、出会いの機会を逃すのはあまりにももったいないものです。
この失敗から学ぶべきは「ポイントの買い方」です。
ポイントはそれほど安いという者ではありませんからちまちま最低価格で購入される方が多いでしょう。
しかし出会い系サイトをずっと使うのであればそれでは無駄が多いといえます。

まとめ買いがお得

出会い系サイトは先にお金をたくさん払ってもらった方が運営が楽になります。
そのためある程度まとめ買いしてくれた人のためにポイントをおまけでつけると言うことをしています。
つまりたくさん出会い系を使うのならばあらかじめまとまったポイントを購入した方がお得と言うことです。
出会いの機会だって逃すことはありませんよ。

定期的にまとめ買いしよう

ポイントがなくなる度に購入したところで時間とおまけポイントが無駄になってしまいます。
定期的にポイントをまとめ買いして、お得に使うことを心がけましょう。
その都度支払うのが必ずしもお得とはいえないのです。

第3話「まさか彼女に「あれ」がついているなんて!」

3wa
世間を賑わせる驚くべき事件が多発している今の世の中、ちょっとやそっとのことでは驚いていられません。
平和が長く続いた日本でも、最近は凶悪な事件が発生しているため注意が必要です。
また私たちの身の回りでも「こんなはずではなかった」と言うこともありますから、その点の注意も必要ですね。

出会い系でのこんなはずではなかった

多くの人が登録している出会い系サイトでも「こんなはずではなかったのに」ということがあります。
今回ご紹介する失敗談は、出会い系である女性と出合った人の話です。
その人は「自分好みの女性だ」と思い、連絡を取りました。
向こうからすぐに会おうといわれ、びっくりしながらも待ち合わせの場所に行くと美しい女性がいるではありませんか!
彼はその姿にもはやめろめろ、ホテルに向かうのは間違いありませんでした。

お楽しみの時間

さて、美しい女性とホテルに入ったならば何をするかと言えば間違いなくエッチなことでしょう。
彼もその気満々で部屋に入った途端、熱い抱擁とキスを交わしながら服を脱がせていきました。
ところが、ところがです。
服を脱がせていく最中に妙な感触を覚えました。
「あれ」とは思ったものの、気のせいだろうと身ぐるみを全てはがし体をじっと見つめました。
白い肌、長い足、美しい顔まではよかったのですが、一番大切な「あそこ」を見てみると自分と同じ「もの」がくっついていたのです。

ニューハーフだった

もうおわかりかと思いますが「ニューハーフ」とその人は出会ってしまったのです。
実は彼、女性の顔写真だけで相手を選んでいたために彼女が「ニューハーフである」というプロフィールの紹介を見落としていました。
それゆえ彼自身も驚き、彼女ないしは彼も驚いてしまったのです。

プロフは必ず確認

こうした驚くべき事は十分にあり得ることです。
相手もそういうことが嫌いな男性がいると言うことをわかっていますから、プロフにその旨を書いておくことが多いです。
まさに不注意から生まれたまさかといえるでしょう。

ちょっとした心がけでミスは防げる

ミスという者は人間が起こすものです。
それ故防ぎようがないと思われがちですが、防ぐための手立てを考えそれをルーチンワークの中に取り入れていけばまず失敗することは防げるでしょう。
今後出会い系サイトで美しい女性と出会おうと思っているのであるならば、必ず写真とプロフィールのダブルチェックが欠かせないと言うことですね。

第4話「近場の人だと思って連絡をしてみたら大変なことになった」

4wa
いつも住んでいる地域には一体どのような人がいて、どれくらいの人数がいるのだろうと言うことを普段の生活で気にすることはあまりありません。
ずっと生まれ育った街で生活しているのならばまだしも、進学や就職で全く知らない街に引っ越してしまうと何がどうなっているのやら訳がわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

近場だと思ったのに

今回ご紹介する失敗談は全く知らない街に超してきてから出会い系サイトでエッチな相手を探そうとした人の話です。
当たり前のことですがエッチな相手を探すときにはなるべく近場の人を探します。
出会ってすぐにでもエッチが楽しめそうな人、まずは連絡からでもはじめて徐々に距離を近づけてから話をしようという相手を探すなど様々な方法があります。
近場の相手を探すに当たっては地域から絞り込むのが主流です。

絞り込みはおおざっぱ

とはいえ日本には数多くの街があります。
その全てを出会い系サイトに取り込んでいては利用しづらくなりますし、システムも重くなってしまいます。
そのため地域から絞り込むと大抵おおざっぱな枠組みになりますね。

それが徒となった

そこでその人も大枠で絞り込んでみたところ「この人いいな」と思い連絡を取り、かなり話がとんとんと進みました。
しかしいざ会おうとなったら「ごめんやっぱり無理」となってしまったのです。
なぜでしょう。

あまりにも広すぎた

これは「都道府県」単位で絞り込んでしまったがために、両極の位置にいる二人が出会ってしまったと言うことに起因する失敗です。
結局二人は連絡を取ることも泣くなり、せっかくの出会いのチャンスと時間とお金を全て無駄にしてしまったというのが今回の失敗談です。

まずは住んでいる市町村から

この失敗を防ぐためには「住んでいる市町村」を必ず聞きましょう。
そうしておけば「あれ?自分の住んでいる街ではないな」と言うことがわかります。
名前も聞いたことがなければ地図で探してみるとびっくりするくらい離れていると言うことはよくありますよ。

ニアミスを防ごう

出会い系サイトは世界中から利用できるメリットの反面、一体どこの相手とで会うことになるかわからないという欠点をもっています。
せっかくの出会いを地理的条件という人間にはどうしようもない制約によって逃してしまうのではあまりにももったいないことですから、必ずそうしたニアミスを防ぐ対策をあらかじめ講じておくことをお進めします。

第5話「写真とのギャップって有りなんでしょうか?」

5wa
目は口ほどにものを言うという言葉があります。
人間、口には出さずとも視線や目の形によって自分の感情を示すと言うことがあるのです。
怒っていれば眉間にしわが寄るでしょうし、にやけた表情をしていたら何かしらうれしいことがあったのでしょう。

それよりもものを言う

しかし目や口ほどに自分のことを表すものがあります。
それは「写真」です。
考えてみたら自分の真実を写しているわけですから、言葉や表情といったあいまいな情報ではなくしっかりとした情報の一つといえるでしょう。

写真と実際のギャップ

昔の写真は真実を写しましたがパソコンやスマートホンが主流の時代、いくらでもその真実を塗り替えることが可能です。
このことを知ってか知らずか、出会い系サイトでは失敗する人が非常に多いのが現実です。
写真と実際のギャップは失敗談としてよく語られますね。

美人だと思ったのに!

特に写真と実際のギャップが大きかったと語る方の中には「美人だと思ったのに会ってみたら、全く違った」という方がいらっしゃいます。
せっかく恋人にするのであれば綺麗な女性やかわいらしい女性をそばに置きたいものです。
それゆえ多くの女性の写真をなめるように見て回ったにもかかわらず、全く違ったというのでは労力無駄遣いだったと言うことがわかりますね。

ギャップは仕方のないもの?

写真と実際のギャップというのは仕方のないものなのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。
中には写真を上手に撮る人もいらっしゃいますから、ある程度写真と現実は乖離が考えられると言うことを認識しておかなければなりません。
しかし加工されている画像というのは意外と簡単に気づくものです。

周りと色調が変わっている

よくある写真の加工として「画像を明るくする」というものがあげられます。
顔色をよく見せようと画像を明るくするのです。
ある程度明るくするくらいならばばれないのですが、強めの加工がなされた画像だと背景がおかしな色合いになってきます。
茶色い扉が背景に映っているにもかかわらず妙に白っぽいぞと思ったら、加工されているといえるでしょう。

写真を見る目を養う

写真と実際のギャップを少なくするためには現実と写真を割り引いて考える癖をつけることと、写真を見る目を養うことです。
そのためには全く加工がなされていない画像と、加工された後の写真を見比べるのが一番です。
試しに周りの景色なり自分の顔写真で加工を色々試してみるとわかることでしょう。

第6話「待ち合わせ場所に出かけたらその人はいませんでした」

6wa
待ち合わせの場所に出かけてみたけれど、そこには彼女の姿はなかった。
なんて書き出しで始めるとちょっとした小説のように感じられますが、今回の失敗談はそんなに感動的なものではありません。
むしろ「こんな事絶対にあってはならない」と思うであろう失敗談です。

メールで話は出来たのに

出会い系サイトにはたくさんの女性が登録しているわけですから、お話が出来ることは間違いありません。
例えつまらない一日の出来事であったとしても相手にとってみたら自分の知らない世界の話。
仕事の話をちょっとするだけでも話がぐっと盛り上がるのです。

会ってみようといってみたら

とはいっても出会い系サイトはお話をするための所ではありません。
あくまでお話は出会うための前菜に過ぎず、実際に会うことが出会い系サイトでの醍醐味といえるでしょう。
ところが「会ってみよう」といってもなかなかあってくれない女性がいます。
もちろん仕事や生活の事情でなかなか時間がとれないという場合もありますね。

渋々あってくれる様子

ようやく「会ってあげてもいい」という返事が返ってきたことから、待ち合わせの場所にるんるん気分で出かけたところ冒頭のような場面が生まれてしまったのです。
なんだか相手は会うことに乗り気ではなかった、でも出会い系サイトなのにどうしてだろうと思われる方も多いかと思います。

それは「サクラ」の可能性が高い

もしかするとドタキャンされただけかも知れませんが、可能性として高いのが「サクラ」に引っかかってしまったということです。
サクラは元々会う気なんてさらさらありませんから、会うことを渋っていたのです。
しかし会うことを何度も要請しているとあるとき「いいよ」という返事を返してくることがあるのです。
ただ、相手は会う事は考えていません。
とりあえずウソをついておいて面倒なことを回避しようとしているのです。

どうしたらいいの?

本当に忙しい人とサクラは大方メールの返信速度や文面でわかります。
忙しい人がすぐにメールを返してくるわけありませんし、文面だって事実を述べてきます。
サクラはすぐに返事を返し、テンプレートの返事を返すわけですから案外見抜くのは簡単です。

メールの裏を読もう

せっかく頂いたメールですから、文面だけを追いかけるのではなくメールの裏も読んでいきましょう。
そうすることによってどのメールが危ないのかや、このメールにだけは返信をしてはいけないと言うことがわかりますよ。

騙されない!出会い掲示板を利用するならPC☆MAXがオススメ。10年運用している出会い系サイトなので安心して利用することが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加